日々のストレッチで簡単太ももダイエット

日々のストレッチで簡単太ももダイエット

太ももの脂肪を落とそうと思えば、基本となるのはやっぱりストレッチになります。

それも、日々のストレッチであり、バランスのいいストレッチです。

太ももの前後左右の全てが固い人は少ないですが、どちらか2方向が固い人は多いようです。

そういった自分が不得意な方向の固さをストレッチでクリアすることで太ももダイエットになるのです。

これは、固い方をかばって歩くため無駄な筋肉が付いたり、無駄な脂肪が付いたり、あるいは落ちなかったりするのです。

普段はバランス悪く歩いていると思っている人は少ないですから、蓄積としてどんどん脂肪がついて落ちにくいセルライトにまで変化してしまいます。

太ももダイエットを必要とする人のほとんどは内股に問題があります。

それ以前に股関節が高いため、効率的に内股を伸ばすことができません。

まずは、脚を開いて座り片足を曲げて反対側の脚から伸ばすストレッチがスタートです。

このストレッチをすると分かりますが、股関節で固まっているため内股の筋肉を伸ばす段階にすぐに移れません。

逆に考えれば、このような上体ではどんなダイエットをしても太ももダイエットにつながる訳がないとも言えます。

内側と並んで太ももの後ろであるハムストリングも固い人が多いようです。

こちらも最初は股関節の硬さが邪魔をして効率的なストレッチができない人が多いでしょう。

ただ、毎日続けていれば徐々に股関節も緩んできて、本丸である筋肉のストレッチが出来るようになってきます。

そうなれば、徐々に脂肪の燃焼も行われてきて太ももダイエットにつながっていきます。

いつでもどこでもストレッチで太ももダイエット

ストレッチならば無料でできて、しかもいつでもどこでもできます。

足だけを細くする太ももダイエットは、筋肉をやわらかくして脂肪を追い出すエクササイズが必要です。

ストレッチをすると筋肉が伸ばされますが、実はこのことで脂肪を取り去る効果があるのです。

また、足の内側に力を入れて、外側の力を抜くようにすると足全体のスタイルが良くなって見た目が美しくなるのです。

もちろん、筋肉を引き締めるというのは固くすることではなく、伸ばして柔軟性を持たせることで動きやすくするのです。

ストレッチは、立っている時はおしりをきゅっと締めてヒップアップ効果が期待できます。

イスに座っているときは、かかとの上げ下げをするとふくらはぎと足首が締まります。

テレビを見ながら、足を開脚してストレッチするのは訳のない習慣です。

朝目が覚めたらベッドの中で手先と足先を数回伸ばすだけで体全体のストレッチになります。

つまり、朝起きてから仕事に出かけて帰ってくるまでいつでもどこでもストレッチタイムが取れるのです。

よくストレッチとしてやられている、足を伸ばして座った状態での前屈があります。

このストレッチでは、膝から足首までを細くすることができます。

つま先を両手でつかんで引っ張るのですが、この際にふくらはぎを意識して10秒ぐらいキープするのです。

つま先がつかめなかったら、タオルを足裏に引っかけて引っ張ることから始めます。

足を伸ばした状態から片足を抱え上がるのですが、反対の手でもも裏から股関節を押さえ、同じ方向の手で足首を引っ張って片足が体に近づくようにします。

両足やりますが、ふくらはぎが伸びるのが分かり、膝から足首までが細くなります。