汗をかくことと脂肪燃焼は違うのでダイエットにならない

●汗をかくことと脂肪燃焼は違うのでダイエットにならない

ダイエットについて多少の知識がある人にとっては常識なのですが、汗をかく発汗と脂肪燃焼は全く別の話です。

もちろん、生理反応なので多少の関係はありますが、汗をかくとより痩せる(脂肪が燃える)というのは、タダの勘違いです。

ただ、汗をかくとすっきりしますから、運動した気分になりますし、痩せた気分にもなります。

でも、ダイエットのための脂肪燃焼とは切り離して考えて下さい。

よく、サウナスーツを着て外でウォーキングをしている人がいます。

これは、汗をかくことが目的なら意味がありませんが、冬場などの寒さ対策としては有効です。

また、汗をかくと新陳代謝がよくなりますから、今までダイエットをしてこなかった人が運動を始めるさいには使うとよい効果が得られる可能性があります。

ただ、現実には汗なんて一切かかなくても脂肪燃焼は可能です

もちろん、30分以上脂肪燃焼効果のある運動をすれば必ず汗がでます。

でも、運動をするエネルギーとして脂肪を燃焼させる訳ですから発汗はあまり関係がないのです。

ところで、水太りが嫌という理由で、普段から水の摂取を控えている人は非常に危険です。

そう言う方は、体が水欠乏症に慣れてしまっているため、新陳代謝機能を落としているのです。

新陳代謝が落ちている体で運動をしても脂肪が燃えやすいとは到底思えない訳です。

ですので、普段から水分の補給も怠らずにやるべきです。