ダイエットの食事はブラウンこだわる

ブラウンライスやブラウンシュガーなど、色の茶色い食品があります。

正確には違うのですが、精製してない食材というイメージで大間違いではありません。

精製すると、ブラウンライス(玄米)は白米になり、ブラウンシュガーは白砂糖になります。

白砂糖の摂りすぎは、血液を汚すという話はもはや常識です。

お米は、白米よりも玄米の方が栄養価が高いというのも常識です。

そういう意味で、ブラウン(Brown)が付く食材は体にいいのです。

そして、ダイエットにもとても有効です。

玄米は、白米があまりにもおいしいので今では健康オタクな方ぐらいしか食べなくなりました。

かつても、戦争中の日本海軍では、当時「銀シャリ」と呼ばれた白米が食べられたことで入隊が増えたそうです。

ただ、皮肉にも玄米など穀物などと一緒に炊かれた混ぜご飯を食べていた頃には発症しなかった「脚気(かっけ)」という病気が流行ることになったのです。

これは、白米を主食にしたことによる、ビタミンB1不足が原因だったといわれています。

逆に言えば、玄米を食べるだけでビタミンB1を補給できるということです。

そんな玄米はダイエットの食事のメニューとしては最適です。

栄養バランスが崩れがちなダイエットの食事の中に玄米が入るだけでかなりのバランスアップが図れるからです。

また、玄米はそもそもよく噛まないといけないお米です。

よく噛まないと消化が悪いので、体に悪影響さえ出かねません。

ダイエットの場合は、よく噛むことで満腹感を早く得られるようになるため食べ過ぎを防いでくれます。

ブラウン系の食べ物は、玄米に限りません。

ただ、いろいろ手を出す前にとりあえず玄米を1日1食取り入れるのがいいと思います。

3食だとさすがにキツイと思いますので、この辺もいかに楽に続けるかという点を優先させるのです。

また、砂糖については白砂糖はやはり好ましくありません。

日常生活からダイエットというよりも健康面で排除してもらいたいぐらいです。

ただ、調味料としては必要でしょうから、料理に使う場合はブラウン系の三温糖や中ざら糖などを使うことをオススメします。

ブラウンライスやブラウンシュガーなど、色の茶色い食品があります。ブラウンライスやブラウンシュガーなど、色の茶色い食品があります。

正確には違うのですが、精製してない食材というイメージで大間違いではありません。

精製すると、ブラウンライス(玄米)は白米になり、ブラウンシュガーは白砂糖になります。

白砂糖の摂りすぎは、血液を汚すという話はもはや常識です。

お米は、白米よりも玄米の方が栄養価が高いというのも常識です。

そういう意味で、ブラウン(Brown)が付く食材は体にいいのです。

そして、ダイエットにもとても有効です。

玄米は、白米があまりにもおいしいので今では健康オタクな方ぐらいしか食べなくなりました。

かつても、戦争中の日本海軍では、当時「銀シャリ」と呼ばれた白米が食べられたことで入隊が増えたそうです。

ただ、皮肉にも玄米など穀物などと一緒に炊かれた混ぜご飯を食べていた頃には発症しなかった「脚気(かっけ)」という病気が流行ることになったのです。

これは、白米を主食にしたことによる、ビタミンB1不足が原因だったといわれています。

逆に言えば、玄米を食べるだけでビタミンB1を補給できるということです。

そんな玄米はダイエットの食事のメニューとしては最適です。

栄養バランスが崩れがちなダイエットの食事の中に玄米が入るだけでかなりのバランスアップが図れるからです。

また、玄米はそもそもよく噛まないといけないお米です。

よく噛まないと消化が悪いので、体に悪影響さえ出かねません。

ダイエットの場合は、よく噛むことで満腹感を早く得られるようになるため食べ過ぎを防いでくれます。

ブラウン系の食べ物は、玄米に限りません。

ただ、いろいろ手を出す前にとりあえず玄米を1日1食取り入れるのがいいと思います。

3食だとさすがにキツイと思いますので、この辺もいかに楽に続けるかという点を優先させるのです。

また、砂糖については白砂糖はやはり好ましくありません。

日常生活からダイエットというよりも健康面で排除してもらいたいぐらいです。

ただ、調味料としては必要でしょうから、料理に使う場合はブラウン系の三温糖や中ざら糖などを使うことをオススメします。

正確には違うのですが、精製してない食材というイメージで大間違いではありません。

精製すると、ブラウンライス(玄米)は白米になり、ブラウンシュガーは白砂糖になります。

白砂糖の摂りすぎは、血液を汚すという話はもはや常識です。

お米は、白米よりも玄米の方が栄養価が高いというのも常識です。

そういう意味で、ブラウン(Brown)が付く食材は体にいいのです。

そして、ダイエットにもとても有効です。

玄米は、白米があまりにもおいしいので今では健康オタクな方ぐらいしか食べなくなりました。

かつても、戦争中の日本海軍では、当時「銀シャリ」と呼ばれた白米が食べられたことで入隊が増えたそうです。

ただ、皮肉にも玄米など穀物などと一緒に炊かれた混ぜご飯を食べていた頃には発症しなかった「脚気(かっけ)」という病気が流行ることになったのです。

これは、白米を主食にしたことによる、ビタミンB1不足が原因だったといわれています。

逆に言えば、玄米を食べるだけでビタミンB1を補給できるということです。

そんな玄米はダイエットの食事のメニューとしては最適です。

栄養バランスが崩れがちなダイエットの食事の中に玄米が入るだけでかなりのバランスアップが図れるからです。

また、玄米はそもそもよく噛まないといけないお米です。

よく噛まないと消化が悪いので、体に悪影響さえ出かねません。

ダイエットの場合は、よく噛むことで満腹感を早く得られるようになるため食べ過ぎを防いでくれます。

ブラウン系の食べ物は、玄米に限りません。

ただ、いろいろ手を出す前にとりあえず玄米を1日1食取り入れるのがいいと思います。

3食だとさすがにキツイと思いますので、この辺もいかに楽に続けるかという点を優先させるのです。

また、砂糖については白砂糖はやはり好ましくありません。

日常生活からダイエットというよりも健康面で排除してもらいたいぐらいです。

ただ、調味料としては必要でしょうから、料理に使う場合はブラウン系の三温糖や中ざら糖などを使うことをオススメします。