横隔膜のストレッチ

横隔膜のストレッチで太ももダイエット

太ももダイエットの運動と無関係に感じるのが、横隔膜のストレッチをするという運動です。

太ももを補足しようとしているのに、全然場所の違う横隔膜をしかもストレッチしてどうするという疑問が生じるのも無理はありません。

その前に、横隔膜の硬さをチェックするといいです。

横隔膜というのは、呼吸をするための筋肉ですが、あばらにそってみぞおちから斜め下に伸びている筋肉です。

これを押してみて痛みを感じるようですと横隔膜ががちがちに硬くなっています。

この横隔膜が硬くなると呼吸が浅くなるので、ダイエットの運動をしても効果が低いのですが、それ以外に大きな問題があります。

それは、姿勢が悪くなることです。

順番としては逆なのですが、猫背になると横隔膜を全く動かせない姿勢になります。

呼吸は浅くなるのですがそれは慣れでなんとかなり、そのまま横隔膜はその本来の動きをしないまま硬直していくのです。

たまに姿勢が悪いと指摘されて姿勢を直しても、横隔膜が硬くなっているのですぐに猫背に戻ってしまいます。

猫背による姿勢が悪いと骨盤はバランスを取ろうとして寝てしまいます。

この状態は下半身への血液、リンパの循環が悪くなる問題があり太ももダイエットの障害になります。

加えて、この姿勢では足の裏側を使った歩き方ができないので、太ももダイエットのために運動をしても足が細くなりにくい状態になるのです。

太ももダイエットとは無関係なように思える横隔膜ですがその柔軟性は非常に重要です。